家庭内事故と防止策 一般的に多い家庭内における主な不慮の事故死
備えてあんしん、特典充実で楽しいシニアライフを。輝く人生のために祝寿共済保険 白寿(1,300円コース)

かながわの皆さまを支える 福祉振興財団

シニア世代の頼れるケガの保障 祝寿共済保険 白寿(1,300円コース)

お問い合わせ(フリーダイヤル)0120-180890

祝寿共済保険 白寿(1,300円コース)トップページ > 家庭内事故と防止策 > 一般的に多い家庭内における主な不慮の事故死

家庭内事故と防止策

一般的に多い家庭内における主な不慮の事故死

家庭内においてどのような事故死が多いのか見てみましょう。

参考資料:厚生労働省「平成21年人口動態統計」、独立行政法人国民生活センターアンケート

1位:不慮の溺死及び溺水

浴槽内での熱中症▲浴槽内での熱中症
浴室と脱衣室の温度差による血圧の急変動
▲浴室と脱衣室の温度差による血圧の急変動

<主な原因>

  • 浴槽内での熱中症
  • 浴室と脱衣室の温度差による血圧の急変動

<防ぐには?>

  • 長湯しないようにしましょう。
  • 10分くらいで一度湯船から出ましょう。
  • 浴室の温度を上げましょう。
    (服を脱ぐ前にシャワーを浴室全体にかけることで、浴室内の温度を上げます。)
  • 飲酒後の入浴は避けましょう。

 

★浴槽に手すりをつけたり、浴室を温かく保つリフォームをされるのもおすすめです。

ページの先頭へ

1位:熱及び高温物質との接触

天ぷら油などを用いた調理中の事故▲天ぷら油などを用いた調理中の事故
沸かしたやかんを倒して下半身に浴びてやけどした
▲沸かしたやかんを倒して下半身に浴びてやけどした

<主な原因>

  • 蛇口からの熱湯との接触
  • 風呂の湯加減を見に行った際、誤って熱湯の浴槽に転落
    (やけどをし、死亡)
  • 沸かしたやかんを倒して下半身に浴びてやけどした。
  • 天ぷら油などを用いた調理中の事故

<防ぐには?>

  • ストーブやコンロなどに近づきすぎないようにしましょう。
  • 火が燃え広がりにくい防炎性のパジャマ、エプロンなどを利用しましょう。
  • シャワーや蛇口から出るお湯は常に温度を確認してから利用しましょう。

 

★ガスコンロからIHコンロに変えることで防げる事故もあります。

ページの先頭へ

2位:その他の不慮の窒息

気道閉塞を生じた食物の誤えん▲気道閉塞を生じた食物の誤えん

<主な原因>

  • 胃内容物の誤えん
  • 気道閉塞を生じた食物の誤えん

<防ぐには?>

  • 体を起こし、少量ずつゆっくり時間をかけて食事しましょう。
  • 食後、半座位を保持し腹圧をかけないことが胃食道逆流や嘔吐の防止に有効です。
  • お餅やこんにゃくゼリーなどのように、やわらかく粘りのある食品を食べる場合は小さく切って食べましょう。

ページの先頭へ

3位:転倒・転落

階段及びステップからの転落及びその上での転倒▲階段及びステップからの転落及びその上での転倒
階段及びステップからの転落及びその上での転倒▲コンセントにひかかって転倒

<主な原因>

  • スリップ,つまづき及びよろめきによる同一平面上での転倒
  • 階段及びステップからの転落及びその上での転倒
  • 建物又は建造物からの転落

<防ぐには?>

  • 階段、廊下、玄関、浴室などには手すりを設けましょう。
  • 階段、廊下、玄関など暗くなりがちな場所には明るい照明や足元灯をつけましょう。
  • なるべく段差をなくすようにしましょう。
  • 部屋は整理整とんをし、床や階段など歩く場所につまずきそうな物を置かないように心がけましょう。
  • すべりやすい靴下やスリッパは、なるべくはかないようにしましょう。
  • 屋根の上や、脚立・はしごを利用して高所で行う作業はなるべく本職の人や若い人に頼みましょう。
  • 高所での一人作業は絶対に避けましょう。

★手すりの設置や段差の解消など、住みよい環境を整えることが大切です。


リフォームのご相談はグリーンカード提携施設をご利用ください。

ページの先頭へ